1. ホーム
  2. ホーム&キッチン
  3. 寝具
  4. 毛布 ・タオルケット
  5. OceanWhale 着る毛布 足・袖付き毛布 あたたかい フランネル 着るブランケット メンズ レディース ガウン 部屋着 夜着毛布 丸洗い つろぎ毛布 ツヤツヤな手触り 保温 着丈190cm
お買い得 2021年新作入荷 OceanWhale 着る毛布 足 袖付き毛布 あたたかい フランネル 着るブランケット メンズ レディース ガウン 部屋着 夜着毛布 丸洗い つろぎ毛布 ツヤツヤな手触り 保温 着丈190cm primeapplications.gr primeapplications.gr

OceanWhale 着る毛布 足・袖付き毛布 あたたかい フランネル 着るブランケット メンズ レディース ガウン 部屋着 夜着毛布 丸洗い つろぎ毛布 ツヤツヤな手触り 保温 着丈190cm

1330円

OceanWhale 着る毛布 足・袖付き毛布 あたたかい フランネル 着るブランケット メンズ レディース ガウン 部屋着 夜着毛布 丸洗い つろぎ毛布 ツヤツヤな手触り 保温 着丈190cm









OceanWhale 着る毛布 足・袖付き毛布 あたたかい フランネル 着るブランケット メンズ レディース ガウン 部屋着 夜着毛布 丸洗い つろぎ毛布 ツヤツヤな手触り 保温 着丈190cm

[ベルメゾン] 掛け布団 防ダニ 羽毛 グースダウン 掛けふとん グレー ダウン90% シングルドライブレンチ、機械加工用機械工学用自転車メンテナンス用レンチ高硬度滑り止めハンドル消火バケツ 376-1112色 アイシャドウパレット 長持ち メイクアップ 防水 スモーキー マット パール アイシャドウ アイメイク ラメ キラキラ かわいい 光沢 アイカラー 明るい目もとアイカラー 使用簡単 携帯便利 おしゃれ コスプレ 日常 ナチュラル 高発色 ポイントメイク メイクパレット 人気 可愛い カラフル 立体 アイシャドー コスメ 発色アイシャドウ プロ用/初心者 デート(#02)タオル棚、キッチン用ホテル用耐久性タオルバーステンレス鋼コンタクトレンズ 1day コンタクト ワンデー 【低含水】 ティアモ TeAmo 1箱 14.0mm 1DAY ティアモクリア【1箱30枚入り】_-2.50ウルンラップ ヘパリン ミルク ローション ヘパリン類似物質 乾燥肌用 顔 全身 ボディ 医薬部外品 100ml x1Zerodeko 使い捨てカップホルダーシンプルな紙カップの収納ラック紙のコップのオーガナイザーcarrie-ful 氷のう アイシングバッグ 氷のう 氷嚢 アイスバッグ、再利用可能な防水アイス収納バッグポーチ 冷湿布および冷却用品 consistentゴールドの幾何学的な金属フレームの花瓶 - 鉄のアートフレームとガラスの花瓶,水耕植物、家庭、オフィス、結婚式の装飾のための装飾的な花瓶 Baishenラグ 幾何学 北欧風 洗える コンパクト オールシーズン レンガタイプ 折り畳み カラー 可能 長方形 スベリ止め カーペット 畳 夏用 リビング 50*80 居間用 室内 防音 寝室 おしゃれ モダンインク王国 EPSON PX-V780 対応 プリンター インクIC46 互換インクSK11 10.8V充電インパクトドライバー+10.8V充電パームサンダー本体セット SID-108V-15RLS-PSSET レッド/ブラックCalme(カルム) 腕時計 ベルト 本革 レザー 時計 バンド スムースレザー 交換ベルト 12㎜ ~ 24㎜ 交換説明書付き (22㎜, ブラック - 白ステッチ × ゴールド バックル)JR北海道根室本線「帯広」キーホルダー 電車グッズ貝印 KAI パン切り包丁 Bready ONE 220mm AB5524OUNONA 2個人工カボチャの文字列花輪模擬カボチャストリップ偽カボチャ壁掛けブドウのために飾るハロウィン感謝祭パーティーの装飾抱きまくら ぬいぐるみ タピオカ 35 インテリア 彼女 プレゼント 恋人へ ふわふわ 癒し クッション 抱き枕 添い寝枕 萌え萌え ギュッと 昼寝まくら ホワイト 洗える デスク かわいい ピンク 特大 プレゼント かわいい お祝い 卒業プレゼント おもちゃすみっコぐらし 弁当箱 お弁当箱 二段 おべんとう箱 漏れ防止 フォークとスプーン付き 抗菌 軽量 大容量 保存容器 仕切り ロックのふた付き 学校 オフィス キャンプ用 贈り物 15.5x13.5x11cm
オークス レイエ 日本製 抗菌 刃あたりソフト まな板 ミニ【5個セット】ハピラ うちわカバー 応援うちわ コンサートうちわ ビニール 透明カバーLOPADE 冷蔵アイスボックスフレッシュキーピングアイスプレート、350ml / 750ml乳牛乳貯蔵用再利用可能なアイスパック食品保存冷蔵アイスボックス、空調冷蔵アイスクリスタルボックス economical幻冬舎 NHKいないいないばあっ! ワンワンとうーたんのふわふわぬのえほんカーテン 敷物 ソファカバー カーペット ラグ マット キッチンマット 約58×120cm(イタリア製ジャカード織りフラワープリントマットフローラ) 616439Funien 修理キット 家庭用車の自動車自転車整備士プロジェクト用の53ピース1/4ソケットセットプラスチック製ツールボックス収納ケース付き家庭用ガレージトランクの修理Velocity カーフィルム リアセット ムーヴキャンバス LA800S LA810S ハイマウント有モダンデコ アウトドアワゴン キャリーカート 折りたたみ 大容量190L (オリーブグリーン)結ばない靴ひも 靴の着脱を簡単に レースロック 伸縮する ワンタッチ靴紐 結び目隠し メタルカプセルバックル カジュアルシューズ 革靴 スポーツシューズ 子供 大人 高齢者 アスリート 靴紐を結ぶのが苦手な方にスクエアペインティングチューブ伸縮自在のポータブルプラスチックチューブ、白BeiBang(バイバン)メンズ ロングパンツ スリム 無地 着痩せ チノパン 無地 韓国ファッション スキニーパンツ 黒パンツ ストリート電気ニンニクプレスミンサーUSBニンニクマッシャー頑丈な耐久性のあるミニクラッシャーチョッパーミニフードプロセッサー野菜チョッパーグラインダークラッシャープレス肉フルーツガーリックタマネギヘアキャップ ドライキャップ サンゴフリース かわいい 速乾 ヘアドライタオル 吸水 シャワーキャップ 微細繊維タオル 髪タオル タオルキャップ 髪の毛乾かす専用 ヘアターバン マイクロファイバー 長い髪専用 軽量 バス用品 ふわもこ 肌触り 柔らかい(パープル)ブラックアンドデッカー コードレス ハサミ型 チェーンソー 本体のみ ガーデン ガーデニング 農業 園芸用機器 LLP18BNTRIPLE TREE 木柄ワインディングマシーン ウォッチワインダー 腕時計自動巻き機 静音設計 LEDライト付き 6本巻き上げ

2022/05/20

今シーズン最後のコンサート / 氷の津波に襲われる

今シーズン最後のコンサートが、日曜日に行われました。
3月のコンサートも難曲の「シェヘラザード」でしたが、終わってほっとする暇もなく、5月のコンサートに向けての自宅練習を翌日から始めたのでした。

コンサート最初の曲、ベートーヴェン「エグモント」序曲は、若き指揮者の卵にとってのステージデビュー曲となりました。
私たちの専任指揮者の知り合いで、金曜日に初めてリハーサルで合わせた時から、彼は興奮状態!
最初に合わせた後、「ああ、気持ち良かった~♪」と晴れ晴れした表情でした。

2曲目は、マックス・ブルッフ Max Bruch「ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調」
ソリストは、3月のコンサートの「シェヘラザード」でも、各楽章の冒頭に出てくる美しいヴァイオリンのソロパートを担当した、Timothy Pinkerton 君。


まだ17歳の彼、将来は世界的に活躍するヴァイオリニストになるかも・・・ということで、私を含めておばちゃんたちは、こぞって彼とのツーショットを写真に残してもらいました♪

家では40羽ものを飼っていて、何とパイ作りも得意だそう!
YouTube を観ながら研究を重ねたのだそうです。
ヴァイオリンが上手なだけでなく、リーダーシップにも優れ、性格も本当にいい子です。
彼のファンクラブもあるようで、コンサートでは盛大なる声援を受けていました。

彼はまだ小学生の頃にオケに入団しましたが、指揮者からすぐに才能を認められ、数年後にはセカンドヴァイオリンのトップに任命されました。
その頃はまだ背が低くて、後ろの列の奏者から「よく見えない」と苦笑されたことも(笑)
今では、すらりと長身に成長しましたけれどね。

この曲は2014年にも演奏したことがあり、その時にブログに詳しく書いてありますので、こちらも読んでね。
 ⇒ 40代の楽しく悲しい思い出 




後半で演奏したブラームス「交響曲第4番」は、もしかしたら今まで演奏した曲の中で一番難しかったかも・・・
日本で所属していたオーケストラでも定期演奏会の候補曲に挙がったことがあり、みんなで何度か弾いてみたもののあきらめたという前歴のある曲です。
(その後私がミネソタに移住してから、若い団員も増え、リベンジを果たしたようです)

全楽章通して40~45分位の曲で、かなりの集中力が常に必要。
ヴァイオリンの指使い、ポジション、弓のどの辺を使うのか、強弱、リズム、音色・・・注意するべきことがありすぎて、身体的にも精神的にへとへとになります。



この曲の第1楽章、切ない雰囲気の冒頭のメロディーが、「替え歌」で「トーロ~~、イーカ~~、ウーニ~~、アージ~~」などと寿司ネタにされたのを聞いたことがあります。
他にチャイコフスキー交響曲第5番、大変美しい第2楽章の冒頭は「♪だめよだ~め~、そこはだ~め~♪」ですって。
そうしか聞こえなくなって、罪作りですこと・・・

話がずれましたが、この曲は私だけでなく皆さんかなり苦労し、毎日猛練習しないと間に合わなかったと言っていました。
テンポの速い第3楽章は、なかなか指が回らず特に大変でした。

でも第3楽章だけは、まだクラシック音楽にはそれほど興味がなかった学生の頃からよく知っていたのです。
その頃大好きだったイギリスのプログレッシブロックグループ、YES「こわれもの (Fragile )に入っていて、何度も聴いていましたからね~
懐かしいなあ・・・




このコンサートが終わった後、シーズン終了のお疲れさま会が、近くのレストランで行われました。

ミネソタに移住してすぐに入ったこのオーケストラ、11年目となる今シーズンが今までで一番大変だったかも。
指揮者、団員とその家族、実行委員会の方々が集まって、心の底からの「お疲れ様」を言い合いました。

来シーズンのスケジュールも発表になり、いつか演奏したいと夢見ていたラヴェルピアノコンチェルトがプログラムに入っていて感激♪
これからの1年間、また元気でいなくちゃ。


実は今、3年ぶりに日本に里帰り中です。
コンサート翌日に出発という強行スケジュールで、まだコロナに関する制約が厳しい日本への帰国は、色々と大変でした。
これについては、また次回に改めて書きますね!


♪5月15日のコンサートプログラム♪

     Overture to Egmont Op. 84 「エグモント」序曲  (Ludwig van Beethoven)

     Concerto No.1 in G minor for Violoncello and Orchestra, Op. 26
      「ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調」 (Max Bruch)
       Ⅰ. Vorspiel: Allegro moderato
       Ⅱ. Adagio
       Ⅲ. Finale: Allegro energico

           Intermission
       
     Symphony No. 4 in E minor, Op. 98 「交響曲第4番ホ短調」 (Johannes Brahms)
       Ⅰ. Allegro non troppo
       Ⅱ. Andante moderato
       Ⅲ. Allegro giocoso
       Ⅳ. Allegrett grazioso - Un poco piu presto


おまけ お疲れさま会が行われたのは、湖に面した感じの良いレストラン。
     キャビンも併設されているのですが、そこで悲劇が!

     コンサートの約1週間前の、5月7日のことでした。
     解けてきていた湖の氷を強風がすごい勢いで運び、キャビンの一部を壊してしまいました。
     あっという間の出来事で、まるで氷の津波みたいだったようです。
     自然の力の恐ろしさを、改めて思い知らされました。


     規模は全然違うものの、家の前の湖でも、一部がこのようにになっていました。
     こんなのは初めてです。
     この翌日には氷が全面解けて、急に季節がすっかり変わったことにもびっくりでした。



2022/05/09

娘のブライダル・シャワー / コロナの自宅用検査キット

ミネアポリス近郊に住む姪が、6月末に結婚式を控えた娘のために、Bridal shower ブライダル・シャワーを企画してくれ、週末に行ってきました。
日本にはない習慣ですが、花嫁となる人と親しい人々が集まってお祝いする会のことです。
参加者は、普通は女性に限られます。

花婿となる人のためには、Bachelor’s Party バチェラ-ズ・パーティー という男性だけが集まるハチャメチャになりがちなイベントがあり、娘の婚約者は別の場所でこちらに参加。
多分、飲みまくっていたと思います。

義妹2人と甥の奥さんの4人で同乗し、片道4時間半位の道のりでした。
いつもは賑やかすぎる男性陣が一緒ですが、初めての(お上品な?)女子会にみんなワクワク。
車中でも、楽しいガールズトークが続きました。

ミネソタ北部の私たちの町でも、先週から突然になり、急に芝などの緑色が濃くなってきています。
南下するにつれ、さらにそれが顕著となり、木々の新緑が目に新鮮に映りました。
ああ、やっとミネソタの長い冬が終わったのだな~

湖に面した姪の家を訪れるのは、数年ぶり。迷子になるほど広くて、何人でも泊まれる感じの家です。
久しぶりに会う4人の子供たちは、皆私よりはるかに背が高くなり、すっかり大人っぽくなっていてびっくり。
コロナで会えなかった月日の長さを、改めて感じました。

パーティールームとなる1階の部屋は、姪と彼女のお嬢さんによって飾り付け済み。
これは、参加者全員へのギフトですって。


他の2人の姪たちも到着し、最後に主役の娘が登場!
カンカン照りの素晴らしい天気でしたので、外のテーブルでカクテルを飲んでいたら、日焼けしてしまった・・・

姪がみんなにプレゼントしてくれたのは、ショットグラスミニチュアボトル
そして、半裸の男たちの小さなフィギュアに爆笑♪
ショットグラスには、娘とフィアンセのイニシャル(2人のイニシャルは、偶然全く同じです)と、結婚式の日付が入っています。


みんなで一気飲みしてから、フィギュアで遊んだ♪
私のフレディ君はマッチョ系だけど、そうでもないのも多い。



ご主人と息子さんのひとりは「黒子」に徹して、見えない所で色々手伝ってくれ、せっせと料理などを用意してくれた後は、家のどこかに引っ込んでいました。


デザートのアイスクリームケーキも、うっとりするほどおいしかった~


夕食の後は、室内に戻ってギフトをオープン。
娘のリクエストを聞いてくれたようで、保存容器など実用的なものが揃って良かったです。


お酒が回ってきたところで、夜は3世代でゲームに興じました。
Cards against humanity という、頻繁に下ネタも出てくるゲームで、真面目な方々からは眉をひそめられそう。

「親」となった人が「お題」となるカードを引いてそれを読み上げ、他の人たちは手持ちの7枚のカードの中から「答」として一番笑えそう、または不謹慎と思われるカードを選んで「親」に渡します。
「親」はそれをシャッフルしてから全員分の「答」を読み上げ、自分がベストアンサーだと思ったものを選びます。
その「答」を出した人が勝ちで、「お題」のカードを親から受け取ります。
2回目は、隣りの人が「親」となり、次々と何周かします。
ゲームの最後に、一番たくさんカードを持っている人が優勝です。

英語の不謹慎ワードもいつの間にか結構マスターし、何とかついていって、勝利カードをゲットした回もあった自分を誇らしく思います(笑)
多分、とんちんかんな答を出した回もあったはずですが・・・


高校生のお嬢さんも参加で、「いいのかい・・・?」という感じ。
みんな、涙が出るほどの大爆笑の連続でした。

翌日(昨日)の朝は、ブランチの後に片付けをして帰路につきました。
ちょうど母の日でしたので、義妹たちと私はそれぞれの娘たちからのプレゼントもゲット♪
姪の家では、私たちが帰った後に、今度はご主人サイドの親族が集まって母の日を祝うとのこと。
偉すぎる・・・


日本でも、連休後にコロナの新規感染者数が少し増えてしまったかな?
アメリカでも、最近じわじわと増加傾向にあるようです。

万一のことを考えて、コロナの検査をしてから来て欲しいと姪に頼まれていたため、今回は全員「陰性」を確認してからの集まりでした。
ですから、パンデミック中は厳禁だったハグキスも、遠慮なくできて良かったです。

私も、ブライダル・シャワーの前日に自宅用の検査キットを使用しました。
オミクロンが猛威を奮っていた頃に、国から無料で4セット配られたものです。

初めて試したので、ちょっとドキドキ。
使い方は簡単で、両方の鼻の穴を付属の綿棒状のもので自分でぬぐい、試薬に浸し、それを「テストカード」と呼ばれるものに3滴垂らします。


その液がじわじわと染みていき、15分待っても線が1本だけしか現れなければ陰性、2本出たら陽性という結果だそう。
リトマス試験紙を使った理科の実験を思い出し、ちょっと懐かしく感じました。

結果は「陰性」で、ひと安心。
PCR検査ほどの精密さはなく、検査結果は公的には認められないようですが、持っていれば安心な検査キットです。


写真を姪に送ったところ、「妊娠検査の結果が陰性だった時と同じ位、めでたいわ」と、実に彼女らしい返信が(笑)
主役の娘がもし「陽性」だったら、かなりがっかりでしたが、無事で何よりでした。


最近色々と身近で悲しい出来事も起こっているため、「大切な人と共有する時間を、いつも心の底から深く味わおう」と決めています。
一番近い存在なのに、後回しになりがちな家族との時間を、特に意識して・・・
「そばにいるのが当たり前、いつでも話せる」と思っているうちに、そうではなくなってしまうこともありますので。


2022/04/26

ええっ、非常事態宣言!?

今日の夕方、いつものように私はキッチンで料理、夫はリビングルームでテレビのニュースを視聴していました。

作業に集中していたため、何の話題なのか気に留めていなかったのですが、State of Emergency という言葉が急に耳に飛び込んできてドキッ!
日本で言う「非常事態宣言」で、パンデミック中にこの言葉を何度聞いたことでしょう。

コロナはかなり落ち着いているはずなのに、一体何だろうと思ったら、私たちの住む county (郡)で、洪水の恐れがあるとのこと。

先週末はひどい天候で、大雪暴風雨・・・と一日のうちに連続してやってきました。
舗装されていない我が家の私道は、ほぼ毎年春はひどい状態になることに慣れているものの、今年はあり得ないほどヤバいことになっています!

この写真を娘に送ったら、「カヌーで出かけたら?」と言われてしまいました。


毎春、道路脇には雪解け水が溜まって池のようになり、もう少し気温が上がるとカエルの大合唱が始まるのですが、先週末はその水が私道まであふれ出てきちゃった・・・


寒すぎて水が凍ってしまい、排水渠(きょ) が機能していなかったのが原因のようです。
そこに雷雨雪解け水の激しい流入が同時にあったのですから、たまったものではありません。

ドキドキしながら日曜日にチェックしたら、幸い水はだいぶ引いていました。
でも、排水渠が露出し、道路が陥没しそうな様子。


こんな現象が郡内のあちこちで起こっているようで、実際にひどく陥没してしまった道路の映像も見ました。
通行止め箇所が、ますます増えているようです。
また、シティホールなどでは地下室に大量の水が入り込み、かなりのダメージがあった様子。
修繕費用を考えると、気が遠くなります。税金が上がりそう。。。

川の近くでは、氾濫を防ぐためにたくさんの砂袋が置かれています。
20年ほど前に付近の川の氾濫があり、多くの家が浸水した義妹と義弟の住む町のことも心配です。

昨日の朝、夫がゴミ出しに出かける様子(笑)
Side-by-side という、小型のオフロード車の後ろにゴミ用ポリバケツを乗せ、私道の終わりにある所定の位置まで運びます。


当分の間はこれで私道を走り、舗装された町のメインストリートに出て、そこの大きな倉庫内に保管している車に乗り換えてから、お出かけしなくてはならなそうです。
ふぅ、毎日が冒険ですこと。

UPSFedEx の大型配送車なんて、絶対入って来られないので、当分ネットショッピングもできないわ。。。

週末の雷雨の前は、大雪でした。
小鳥にヒマワリの種をやっているのですが、これは集まり過ぎだろう。
あっと言う間に空っぽになります。


カリフォルニアなどアメリカの多くの州では、深刻な干ばつの被害に遭っているのに、うまくいかないものですね。
ミネソタでも去年は雪が少なく、雨もずっと降らずにカラカラで、キャンプファイヤーなども禁止でしたっけ。


すっきりと収束しないコロナや、ロシア対ウクライナのニュースでも気が滅入っているのに、天候もこんなですので、気持ちが沈んでいる方が多いです。
「神の怒りに触れて、ついにこの世の終わりなのか」と言い出す人も・・・

でも、夕食に招待してくれた親戚の家の温室では、たくさんの小さなたちがガーデンに植えられる日を待っていて、


時々我が家にやって来て、周囲にたくさん生えているメープルの木々から採取した樹液は、彼らの家の庭でふつふつと煮詰められ、メープルシロップになる時を待っています。


それに、元気な子供たちや、いたずらな子ネコちゃんたちを見ていると、こちらも明るくポジティブな気持ちになってきます♪
この子たちが、笑顔のままでいられる未来でありますように・・・